月別アーカイブ: 2016年2月

過払い金はなぜ発生するのか

テレビなどで過払い金といった言葉や、グレーゾーン金利といった言葉をよく聞くようになったと思いますが、そもそもなぜ過払い金というのが発生するのか、といったことを紹介します。
過払い金というのは払い過ぎた利息のことです。なぜ払い過ぎた利息が発生するのかというと、ここで出てくるのがグレーゾーン金利というワードです。お金を金融機関などが貸付する時には法律で金額に応じて異なりはしますが、利息の制限が定められています。ですが、この法律とは別に出資法という法律があり、前述の法律より大きい利息が定められているという状況が発生しており、この2つの法律によって生じてしまう差分の金利をグレーゾーン金利といいます。このグレーゾーン金利による貸付が行われている中で裁判所がこれを認めない判決を2006年に出しました。よって利息も一つの法律によって一本化がなされました。これによってこのグレーゾーン金利として払ったお金を請求することを過払い金請求というのです。
このように過払い金発生のルーツを紹介しましたが、前提として過払い金は借金を返済してから10年と定められています。グレーゾーン金利が廃止されてから10年以上が経とうとしている今日では、過払い金請求を早めにすることが求められています。