支払いが出来なくなり、破産することを決めました。

大手企業に勤めて5年が経ち、平社員から部長へと昇進もしました。そして給与が20万円だったものが50万円となり収入も大幅にアップ。
今まで付き合いのあった銀行からは信用が高くなり融資の話などもたくさん来ました。
そしてクレジットカードも今までの限度額から大幅に引き上げが行われて車一台が購入できるくらいになりました。すべてが私の人生において初めての出来事でうれしさを覚えていました。そして、ボーナス時期には100万円を超える収入がありました。そしてお金が私を狂わせてきました。

ある時、家族との旅行で驚いたことに100万円を超える買い物をカードで行い他にも現金で馬鹿みたいに買い物をしました。そして翌月になり請求が来てから驚きましたが、それでも払える収入があったのでさらにカードを使っての購入が続きました。

しばらくしてから、限度額を超えるくらいの買い物をし、車のローン、家のローン、携帯の分割代金などもすべてが重なりました。その時には貯金を崩して支払いをしましたがそれが毎月のように続きついには貯金も底をつき収入以上の支出となりました。

そのためカードローンなどを利用したりしましたがだんだんと借金はたまるばかり。そのためもはや支払い能力はなくなっていました。

そうしてついに支払いが出来なくなり、破産することを決めました。

債務整理24時をみてすぐに専門の弁護士に相談し、なんとか会社にはばれないようにやることを決めました。自己破産の手続きに入ろうとしたところ弁護士がそれぞれ借金のある会社と話をしてくれ自己破産することなく何とかすべて支払いをすることが出来ました。それ以来は、カードやローンというものは一切使わないようにしました。本当に危なかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です